2013年3月26日火曜日

古代史21世紀の研究課題:文明の伝播(古代メソポタミアの解明:新石器時代の村



 『出典』図説世界文化地理大百科:古代のメソポタミア・35~46頁
     マイケル・ローフ著・松谷敏雄監訳
     朝倉書店

 古代のメソポタミア:初期農耕牧畜民



 「写真」初期の土器を伴う文化:43頁

 「新石器時代の村」《技術の発達》

 1983年にナハル・ヘマル洞窟が発掘されるまで、

 この時期の篭類、織物、木製品に関する証拠は乏しかった。

 葦の敷物や織物の痕がついた天然アスファルト・粘土、発掘とともに

 失われてしまう土についた圧痕などがそのすべてであった。

 ナハル・ヘマルに残っていた遺物のなかには、

 木製の鎌の柄、イグサか草の束を糸でつないでつくった分厚い敷物、

 より糸で編んで天然アスファルトを貼った篭があり、

 さらに細糸から大き10mmに至るロープなど

 さまざまなひも類が粉々になって出土している。

 天然アスファルトを貼った篭や容器は他の遺跡からもみつかっている。

 石を彫ってつくった容器はよくみつかり、

 石彫の腕輪も無土器新石器時代の遺跡ではよく知られている。

 他の容器としては石灰と灰をまぜてつくった白色容器があり、

 レヴァアント地方の一部では盛んにつくられていた。

 ジャルモ遺跡だけでも2000点以上出土している。

 メソポタミア地方では、容器はむしろ石膏でつくられる方が多か⊃た。

 粘土が容器に使われることもあったが、ふつう土偶用だった。

 ガンジ・ダレでは粘土製容器が火事でこわされた生活面から

 完全な状態で出土している。

 その容器はおそらく生粘土でつくられたものだったが、

 村が燃えたとさに一緒に焼けたのだろう。

 無土器新石器時代には白色容器や住居の床面に石灰が

 用いられていたわけだが、

 石灰をつくるにはかなりの技量が要求された。

 多大な労働力、燃料はもちろん、高温で焼ける窯も必要だった。

 石灰をつくるにはまず、石灰岩(CaCO3)をつぶし、

 850°Cの温度で数日焼く、

 ついで、それをゆっくり冷やして生石灰(CaO)とする。

 その後、水をまぜると消石灰(Ca(OH)2)ができ、

 それが二酸化炭素にふれると固まるわけである。

 その製作は大規模なものだった。

 たとえば、チヤユヌでは一つの建物をつくるのに

 1.6トンもの石灰が使われている。

 テャユメはエルガニ・メイドンの大きな銅鉱石採掘場から

 20kmほどしか離れていないところにある。

 この遺跡からは、考古学的に古い文化層から

 銅製のビーズ、留め針、道具類が100点以上も出土している。

 しかし、その他の無土器新石器時代遺跡では

 銅製品は二、三知られているにすぎない。

 たとえばマグザリーヤでは錐が1点

 (1,000km以上も離れた中央イラン産のものといわれている)、

 レヴァント地方のラマド、

 イラン南西部のアリ・コシユからはビーズが出土している。

 こうした品物は自然にえられる金属銅でつくられたもので、

 銅鉱石を精錬したものではないと考えられている。

 金属の萌芽的利用、共同作業、職人の専門化、長距離交易、

 さらに増大しつつあった宗教の重要性、こういったものはすべて、

 無土器新石器時代の集団が文明に向かって

 大きな一歩を踏みだしていたことを示している。 

 「新石器時代の村」《イェリコ》

 イェリコという古代遺跡テル・アル・スルタンは、

 海面下約200mの地にある。

 今日、イェリコはヨシュアが角笛を吹き、

 城壁が陥落した都市として有名である。

 しかし、前2千年紀後半のイスラエル人の侵入よりずっと前から、

 そしてその後もずっと重要な都市でありつづけていた。

 イェリコが繁栄したのは、

 遺跡東側にあった豊富な泉のおかけであった。

 最初に住んでいた人々の痕跡は

 後の時代の堆積に深くおおわれていたため、

 二、三の地点でしか調査されていない。

 だがその調査によって、

 ナトゥーフ期に人が住みついた後、

 原新石器時代(土器新石器時代A期)、

 無土器新石器時代(先土器新石器時代B期)、
 
 そし青銅器時代を通して

 イェリコは重要な中心地であったことがわかっている。

 「写真」

 無土器新石器時代のイェリコは、

 死者はふつう頭部を取り外し住居の床下に埋められた。

 頭部の取り外しは、おそらく肉や腱が腐る前に行われた。

 というのは、ふつう顎骨が胴体の骨にくっついてるからである。

 床下からみつかった骨のなかには、漆喰で顔をつつみ

 窩に貝をはめこんだものも次ある。

 二枚貝であることもある。

 「図」

 原新石器時代のイェリコは石の城壁と

 岩盤に掘り込んだ濠によって囲まれていた。

 円形住居が立ち並ぶ村が3haほど広がっていて、

 おそらく1500人くらいの人々が住んでいた。

 イェリコの発展ぶりは早熟ともいえるもので、

 大きさで匹敵する遺跡はこの時期、
 
 ほかになかった。

 次の無上器新石器時代になってようやく、

 他の遺跡も同じくらい大きく、あるいは複雑なものになった。

 「写真・図」

 原新石器時代のイェリコで、

 もっとも注目すべき遺構は

 城壁の内側につけられた石の塔である。

 それは直径が10m、現存高が8m以上にも達している。

 入口は東側の高さ1.7mのところにあり、22段の階段が通じている。

 段はそれぞれ1枚の石の板でつくられている。

 城壁は何度も修復、再建されている。

 また、その外側には、幅8m、深さ2m以上ある堀が

 地山に掘り込まれていた。

 塔の役割については、まだ議論の対象になっている。

 「新石器時代の村」《動物》

 野生動物のなかでも、家畜化に成功したのはいくつかの種だけである。

 それらには、

 オオカミ、ペゾアールヤギ、アジアムフロン、イノシシ、

 オーロクス、ヤマネコ、野生ロバなどがある。

 すべて近東にもともといた種であり、

 それぞれ

 イヌ、ヤギ、ヒツジ、ブタ、ウシ、ネコ、ロバの

 祖先であったと考えられている。

 こうした家畜は、ニワトリも加えて、

 今なお世界中でもっとも一般的な家畜、ペットでありつづけている。

 メソポタミアの動物についての情報源は三つある。

 すなわち、発掘された骨、古文書中の言及、および絵画表現である。

 動物骨の研究からは、種がわかるだけでなく、その動物の性や年齢、

 さらに患っていた病気までわかることがある。
 
 古代の文書には、

 動物の名前の一般的なリスト、

 神殿動物についての経済関係の記録、

 なにかの前兆となる動物についての観察、

 あるいは王侯たちが特別な庭をつくって

 狩りをしたり飼育したりしていた動物のリストなどが載っている。

 家畜、野生動物、架空の動物を含めて、

 古代近東の記念建築や円筒印章には

 さまざまな動物の絵が描かれている。

 それらには、ゾウやハエ、ワシ、力二、さらにヘビ、カメ、魚などもあったが、

 もっともよく描かれたのはライオンや雄ウシなど

 メソポタミア文化で重要たった動物である。

 家畜動物    野生の祖先   地域      年代

 イヌ      オオカミ    近東      前1万1000年頃

 ヤギ      ぺゾアールヤギ 近東      前8500年頃

 ヒツジ     アジアムフロン 近東      前8000年頃

 ブタ      イノシシ    近東      前7500年頃

 ウシ      オーロクス   近東      前7000年頃

 ネコ      ヤマネコ    近東      前7000年頃

 ニワトリ    バンキヴァ野鶏 中国      前6000年頃

 ラマ      グァナコ    アンデス    前5000年頃

 ロバ      野生ロバ    近東      前4000年頃

 ウマ      ターバン    南ロシア    前4000年頃

 ラクダ     野生ラクダ   南アラビア?  前3000年頃

                 南中央アジア?

 テンジクネズミ ケイビー    ペルー     前2000年頃

 ウサギ     ノウサギ    スペイン    前1000年頃

 七面鳥     野生七面鳥   メキシコ    前300年頃


 「写真」ニネヴェ、アッシュールパ二パル王(前668-27頃)の北宮殿の浮彫り

 アッシリア人が狩猟川に飼っていた、一種のマスチフ犬が描かれている。

 イヌは最古の家畜動物である。

 ウバイド期の墓地(前5000年頃)で

 みつかったイヌの骨はグレイハウンドと鑑定されている。

  「写真」古代近東の草原にいたガゼルの群れ、

 ニネヴェ北宮殿出土のこの浮彫り(細部の拡大)に描かれている群れは、

 勢子に追われており、

 矢を射る構えをして穴に隠れているアッシリア王の方に向かって逃げている。

 「写真」ヒツジの頭形土偶

 ウルク出土の前3000年頃の砂岩製石偶と類似している。

 ヒツジはメソポタミアでは、つねに最重要の家畜でありつづけている。

 毛織物は主要な輸出品の一つとなっていた。長さ13.6cm

 「写真」ニネヴェのアッシュールパ二パル王の北宮殿出土の浮彫り

 ラクダに乗ったアラブ人が、侵攻するアッシリア軍から逃げている。

 ラクダは前2千年紀後半にメソポタミアに導入された。

 フタコブラクダは中央アジア原産で、イラン山中に生息していた。

 ヒトコブラクダはおそらくアラビア半島原産で、

 南の砂漠地帯でみつかっている。

 ラクダは運送用には利用されたが、戦闘には使われなかった

 「写真」アララクのニクメバ宮殿出土の象牙製箱(前14世紀)

 首と蓋の欠損部は木で修復されている。

 アヒルやガチョウはメソポタミアでは少なくとも前2500年、

 おそらくはそれよりかなり前から飼われていた。長さ13.5cm

 「写真」

 これらの奇妙な動物はカルフのシャルマネセル3世(前858-25)の

 「黒いオベリスク」に彫られているもので、

 ムツリ(おそらくエジプト)からの貢ぎ物の一部であった。

 一番前の動物(左)は川ウシ(おそらく水牛)と呼ぱれている。

 二番目はサイかもしれない。

 三番目はヤギの一種のようである。

 ムツリからもちこまれた動物には、

 ほかにフタコブラクダ、ゾウ、サル、ヒトニザルなどがあった。

 「新石器時代の村」《土器》

 世界でもっとも古い土器は日本で出現し、紀元前1万1000年にさかのぼる。

 近東では3000年ほど遅れて現れるが、影響を受けたのではなく、

 別の発明であったことはほぼ確実である。

 世界中をみわたすと、土器は定着した村落生活に関連している。

 というのは、そのかさやこわれやすさは、

 移動的な生活をする多くの採集狩猟民にはなじまないからである。

 土器は近東を研究する考古学者にとって、

 もっとも重要な人工物の一つである。

 土器片はこの地域のどの遺跡でもふんだんにちらばっている。

 土器は簡単につくれ、またこわれやすい。

 こわれたものは再利用されることなく、

 ただ捨てられるために、みつかりやすい。

 さいわいなことに、

 焼かれた粘土は消滅することなくどんな条件のもとでも保存される。

 風や雨が遺跡の表土を流しさっても、土器片はのこり、

 多くの遺跡は厚い土器片の層でおおわれている。

 土器の研究によって、まことに多くの情報がえられる。

 土器をつくる粘土の鉱物学的構成が異なるため、

 科学的分析によ⊃て、粘土の産地が同定できる。

 そうした科学的手法を用いないでも、

 土器の型式学的な違いをみわけることはたやすい。

 粘土に混ぜる混和材の種類は多く、

 砂粒、スサ(わらをやわらかくしたもの)、毛などである。

 これらは、それぞれの器に顕著な痕跡をのこす。

 焼成の仕方も器に大きな影響を与える。

 とりわけ、焼成する窯のなかの酸素の多寡が、

 土器の色彩を赤(酸化焔)から灰色や黒(還元焔)に変える。

 土器の器形は、形や大きさに大きな変異をもたらす。

 浅い皿から大形の貯蔵用の壷まである。

 成形の方法にもいろいろある。

 指先で形づくられるもの、輪積み法や巻上げ法によるもの、

 型押し法によるもの、

 回転台を利用してつくられるもの(前4500年頃以降)、

 ろくろ作りのもの(前2000年頃以降)などとある。

 器面調整にも種類がある。

 ウェット・スムースと呼ばれる器面がやわらかいうちになでる方法、

 化粧土をかける方法、彩文をつける方法、磨研法、

 さらに、刻文をつけたり、彫りこんだり、型を押しつけたり、象眼を施したりする。

 そして前1500年以降には彩薬をかけたものが出現する。

 さまざまな製作法や装飾は、

 地域や時代によってそれぞれ特徴をもっているので、

 土器を用いて編年ができるのである。

 先史時代や利用できる文献史料

 あまり多くない時代を研究するときにはとくに有用となる。

 さらに、遺跡の表面にちらばっている土器片によって、

 その遺跡がいつの時代に居住されたのかといったことや、

 ある地域の集落の様相が時代によって

 いかに変化したかといったことまでわかる。

 土器はまた交易活動の実態や

 文化的影響の有無といったことまで明らかにする。

 近東のいろいろな地域での

 土器の様式の変遷について太枠はわかっていろものの、

 編年をさらに細かくしていくのに、

 また古代の土器の製作や分布の詳細を理解するには、

 さらなる調査が必要である。

 『彩文土器
 「彩文土器
 
 『チヤタル・フユク』

 チャタル・フユク遺跡は

 1961年から1963年にかけて

 ジェームス・メラートが発掘し、

 華々しくかつ思いがけない成果をもたらした。

 彼は前7千年紀の街の一部を広く掘りおこしたのだが、

 そこでは住居が異例なほどよく保存されていたのである。

 いくつかの住居を彼は祠堂と呼んでいる。

 それらは精巧な壁画と浮彫りで飾られ、

 壁やベンチには動物の頭骨が備えつけられていた。

 たとえば、

 土偶や壁につけられたヒョウ、乳房の模型には地母神、

 「出産の女神」がみてとれるとされ、

 一方、たくさんある雄ウシの頭骨、

 角には男性の神格が表現されているといわれている。

 宗教は当時の社会の原動力であった。

 チヤタル・フユクは、

 この時代に典型的とこれまで思われてさた

 単純な農耕村落とはずいぶん違っている。

 先史時代の遺跡としては、

 この遺跡に匹敵するものはいまだみつかっていない。

 ただ、最近の発掘によって、

 アイン・ガザル、アブ・フレイラ、ボクラスなど

 無土器新石器時代遺跡で、

 チャタル・フユクでみられる発展の祖型がみつかっている。

 「写真」出産中の肥った妊婦の土偶

     ネコのような動物に支えられており、

     「出産の女神」とされている。

     この土偶は

     チヤタル・フユクの最も新しい祠堂の一つから出土した。

     頭部は復元である。

 「図」第VIB層では家が密集し、近接する家屋は璧を共有していた。

    ほぼ半分の家が「祠堂」に分離されている。

    家々の間には廃屋のくずが固まってできた広場があり、

    ゴミ捨て場に使われていた。

    典型的な間取りは、ほぼ方形の居間と、

    そこから低い扉ないし壁にあけた穴でつながっている

    細長い貯蔵庫とでなるものであった。

 「図」第VIB層の集落の一部の復元図.

    建物は平搾で、屋根から出入りした。

    住居は集落の中心にむかって段状に並んでいた。

 「図」第VIA層の祠堂の復元図

    壁は材木を芯として日干しレンガでつくられた。

    北西部の基壇の下には男性が、

    別の壇の下には女性と子供が埋められていた。

 『参照ブログ』
 古代メソポタミア
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 ひねもす徒然なるままに  
 古代史つれづれ

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 『My ブログ』
 スメル(シュメール) 八千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》

 《スメル(シュメール)文明
 「スメル(シュメール)文明

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状

古代史21世紀の研究課題:文明の伝播(古代メソポタミアの解明:無土器新石器時代(2))



 『出典』図説世界文化地理大百科:古代のメソポタミア・35~46頁
     マイケル・ローフ著・松谷敏雄監訳
     朝倉書店

 古代のメソポタミア:初期農耕牧畜民



 「写真」新石器時代の黒曜石交易:34頁

 『初期農耕集落
 「初期農耕集落

 農耕牧畜の技術が発明され、それが広まると、

 近東にはさまざまな種類の集落が現れるようになった。

 土器を使っていること以外、

 日常生活はそれ以前とほとんど変わらない小さな農耕村落もあれば、

 日用品、社会組織ともはるかに洗練された村も現れ始めた。

 こうした進展が積み重なって、

 前4千年紀に南メソポタミアでおこった

 あの都市の形成へとつながっていったのである。

 そして、それは現代社会の基礎となった。

 近東の初期農耕村落は丘陵地やオアシスに位置しておリ、

 川ぞいや湖岸、海岸地域力i好まれていた。

 穀物が生育するには雨量が少なすぎる低地には、

 遊牧民が生活していた。

 収穫の多い年に穀物を蓄えておけば、

 凶作の年にも何とか集団は生き延びることができた。

 しかし、雨量が一定しない土地で農業を試みることは、

 ほかにもっと良い土地があるならば

 割りにあうものではなかった。

 この頃農耕村落の村落の分布は

 今日の天水農耕(灌漑をしないという意味)地帯と非常によく一致している。

 それは、年間降水量が250mm以上の地域に相当し、

 ここ8000年ほど気候がほとんど変化していないことの証左ともなろう。

 エジプトのナイル川は植物の生育期に氾濫するから、

 雨量が乏しくても穀物が生育することができる。

 しかし、近東の他の地域の川は悪いことに春に洪水をおこすため、

 穀物農耕は降雨に頼らざるをえない。

 ただ、運河を掘って潅漑を行うようになると、

 そうした集落の分布パターンは一変する。

 乾ききっていても肥沃な土地に移った方が収穫も多くなった。

 そうして、より大きな集落が存続するようになり、

 最終的には都市へと発展していったのである。

 無土器新石器時代から都市化の始まりまでの発展は、

 土器(ないし後期)新石器時代前・中期金石併用時代にまたかっている。

 一般には、新石器時代金石併用時代の区別は、

 新石器時代に使われていた打製・磨製の石器に加えて、

 金石併用時代には銅および青銅製品も使うようになった点とされている。

 しかしながら,

 銅製品は少量だが無土器新石器時代にすでに用いられていたし、

 一方、金属器がたくさんみつかるようになるのは

 後期金石併用時代になってからのことである。

 小さな農耕村落での日常生活は、この時期を通して、

 どこでも似たようなものだった。

 違いは最古の村落と、それ以前の狩猟採集民との間の方が大きかった。

 現代社会がもつ特徴というのは狩猟採集民の社会にはみられないものであり、

 ある時点で発明されるか発見されたものに違いない。

 そのいくつかは無土器新石器時代に萌芽的ながらみられ、

 土器新石器時代、金石併用時代により洗練され、確立されていった。

 そのような進展が背景となって、

 やがて都市生活が始まることになったのである。

 『土器新石器時代
 「土器新石器時代

 なにかの機会に偶然に少し焼けた土器ならば、

 無土器新石器時代の遺跡からもまれにみつかることがある。

 しかしながら、続く土器新石器時代には、

 土器は非常に一般的なものになった。

 そのおかげで考古学者は、

 それ以前は石器の型式を頼りにしていたが、

 今度は土器を使って地域ごとの文化を明らかにできるようになった。

 装飾つきの土器は石器よりもはるかに流行に敏感であったから、

 文化の類似、時代的変化などもよリ的確に反映しているわけである。

 ぐにやぐにやで柔らかな粘土を、熱を加えて、固くして水も通さず、

 事実上壊れもしない土器に変化させるプロセスは

 ほとんど手品のようなものである。

 チャユヌやガンジ・ダレの人々は

 前8千年紀にすでにこの技術を知つており、

 容器や小さな土偶をつくっていた。

 無土器新石器時代には入れ物としては、

 石製か木製のもの、あるいは篭(上塗りをしたり、

 天然アスファルトを貼ったりすることもあった。

 先土器新石器時代B期の白色容器に代表されるような

 石膏・石灰製容器を使うのがふつうであった。

 しかしながら、

 前7000年頃までに土器は近東全域に広がっていた。

 一定地域の一定時期の人々は

 限られた種類や型式の土器しかつくらなかった。

 そのため、小さな土器片でもみつかれば鑑定可能である。

 一地域の土器の時代的変化を他の地域の土器型式の変化と

 比較することによって、

 考古学者たちは多くのことを明らかにしてきた。

 こうした研究によって、

 土器片からそれがみつかった遺跡の年代を決めることもできる。

 その結果を、

 さらに短い期間におこった様式上の変化に関する情報とあわせることによって、

 相対編年ができあがっていくのである。

 これは,放射性炭素年代よりも役立つことが少なくない。

 土器群が似ていれば、

 各々の集団が緊密な関係をもっていたとみることができる。

 明らかに他地域から搬入された土器は、

 土器自体ないしその中身が交易・交換されたのだと解釈できる。

 土器の研究は、文字が現れるより前の時代の社会を研究する上で、

 もっとも有効な方法の一つである。

 もちろん、

 歴史時代についても考古学者にとって貴重な手がかりとなることに変わりはない。

 肥沃な地域の周辺山麓部のほか、

 無土器新石器時代にはトルコやイラン高原の資源を利用し始めた集団もいたし、

 メソポタミアの河川流域に集落を構えたものもいた。

 この時期以降、

 メソポタミア平原がレヴァントやパレスティナよりも重要な地域になっていく。

 レヴァント、パレスティナは以前にめざましい発展を成し遂げた地域であったが、

 影響力は低下していった。

 《南イラク湿原地帯
 「南イラク湿原地帯

 《壁画
 「壁画

 この遺跡でみつかった部屋のなかには、

 見事な壁画をもつもの、壁に浮彫りのついたもの、

 雄ウシの頭や角をかたどった像を据えたベンチ、

 柱をもつものなどがあった。

 こうした装飾が一般の家にあるというのは不自然だし、

 不便とも考えられるから、

 それらの部屋はおそらく祠堂であったと思われる。

 しかしながら、これらの「祠堂」の数

 (第6、7層では発掘された家の約3分の1に達する)は驚くほど多い。

 それらが純粋に宗教的用途に供されたものだとすると、

 発掘区が集落の宗教地区にあたっていたのかもしれない。

 それとも、それらは特殊な型式の住居だったのだろうか。

 建物の壁や床は白色の細かい粘土で何層にも上塗りを施されていた。

 ある建物では120層にもなっていた。

 上塗りはおそらく毎年くり返された

 (同一の生活面出土の建物にはほぼ同じ数の上塗りがなされている)

 とみられるから、

 それらの建物の寿命を考えるヒントにもなる。

 色を塗った部屋をみると、

 塗色面は何層ものふつうの上塗りにはさまれていることがわかつた。

 したがって、

 色は次の上塗りがなされるまでの短期間しかみえなかったということになる。

 なぜ、人々がときどき壁に色を塗っていたのかはわからない。

 ともあれ、

 それが腐らないて残っていたのは

 上塗りに塗りこめられていたことによるところが大きい。

 塗料は細かい毛のブラシで塗られた。

 そのほとんどはアナトリアで自然に産出する鉱物からつくったものである。

 たとえば、

 赭土藍銅鉱孔雀石辰砂マンガン方鉛鉱などが用いられた。

地は白か薄いクリーム色で、

 おもな色は赤か赤褐色だったが、黄色、黒、灰色、藍色、青も使われた。

 壁画の多くは柱と柱の間の一面におさまるものだったが、

 なかにはもっと大きなすばらしいものもあった。

 真っ赤に塗られたもの、幾何学模様のつけられたもの、

 人や動物を描いたものなどがあった。

 専門家のなかには、

 そうした模様をトルコで伝統的につくられている

 じゅうたんの模様に対比する人もいる。

 しかしながら、

 当時いろいろな色の紡ぎ糸で織物が織られていたという証拠はほかにはない。

 もっとも興味深い絵は、具象的なものである。

 写実的なものもあれば、様式化されたものもある。

 人の手を並べで描いたものもあり、

 ところどころ裏返しになっている場合もある。

 これらは後期旧石器時代によくある芸術を思いおこさせる。

 しかし、この地方では今日でも同じモティーフで家を飾ることがある。

 層は異なるが、

 二つの「祠堂」で狩猟の光景が見事に描かれた絵がみつかった。

 どちらも北側の壁に2mくらいの長さの巨大な雄ウシが赤で描いてあって、

 そのまわりをヒョウの毛皮のふんどしをつけた小さな人物が

 数人踊っているものたった。

 人物の多くは男性で、皮膚は赤く塗られていた。

 この二つの層よりも古い第V層の例では、

 絵は壁四面につなかっていて、

 シカ、イノシシ、野生ロバ、クマ、オオカミ、ライオンなど

 ほかの動物も描かれていた。

 そうした絵に描かれていたのは正確な狩猟の光景ではなく、

 おそらくなんらかの象徴的な意味をもっていたのだろう。

 踊りと、ミノア文化の跳牛やスペインの闘牛のような動物を使った

 催しなどからなる祭を表現したものかもしれない。

 しかしながら、

 第Ⅴ層の祠堂では、一部しか残⊃ではいないが、

 男性のハンターがイヌらしき動物をつかって

 雄シカを矢で射ている絵が発見されている。

 もう一つ奇妙な絵がある。

 それは三つみつかっているのだが、

 大きな鳥と頭のない小さな人間が描かれているものである。

 様式化された絵ではあるが、

 その鳥は死体の肉をついばむシロエリハゲワシだとみられている。

 もっと下層(第Ⅵ層)からもやはり死者に関すると思われる絵が発見されている。

 そこには、葦とむしろででさた納骨堂が描かれているとされている。

 織物が敷かれ、その下に目のくぼんだ頭骨がおかれている。

 《人物・動物像
 「人物・動物像

 壁によっては、

 葦の芯に泥を塗ってつくった浮彫りで飾られているものもあった。

 これはアイン・ガザル

 イェリコ

 イェリコ
 イェリコ
 イェリコ
 イェリコ
 イェリコ

 イェリコという古代遺跡(テル・アル・スルタン)は、

 海面下約200mの地にある。

 今日、イェリコはヨシュアが角笛を吹き、

 城壁が陥落した都市として有名である。

 しかし、前2千年紀後半のイスラエル人の侵入よりずっと前から、

 そしてその後もずっと重要な都市でありつづけていた。

 イェリコが繁栄したのは、

 遺跡東側にあった豊富な泉のおかけであった。

 最初に住んでいた人々の痕跡は

 後の時代の堆積に深くおおわれていたため、

 二、三の地点でしか調査されていない。

 だがその調査によって、

 ナトゥーフ期に人が住みついた後、

 原新石器時代(先土器新石器時代A期)、

 無土器新石器時代(先土器新石器時代B期)、
 
 そして青銅器時代を通して

 イェリコは重要な中心地であったことがわかっている。

 「写真」

 無土器新石器時代のイェリコは、

 死者はふつう頭部を取り外し住居の床下に埋められた。

 頭部の取り外しは、おそらく肉や腱が腐る前に行われた。

 というのは、ふつう顎骨が胴体の骨にくっついてるからである。

 床下からみつかった骨のなかには、漆喰で顔をつつみ

 窩に貝をはめこんだものも次ある。

 二枚貝であることもある。

 「図」

 原新石器時代のイェリコは石の城壁と

 岩盤に掘り込んだ濠によって囲まれていた。

 円形住居が立ち並ぶ村が3haほど広がっていて、

 おそらく1500人くらいの人々が住んでいた。

 イェリコの発展ぶりは早熟ともいえるもので、

 大きさで匹敵する遺跡はこの時期、
 
 ほかになかった。

 次の無上器新石器時代になってようやく、

 他の遺跡も同じくらい大きく、あるいは複雑なものになった。

 「写真・図」

 原新石器時代のイェリコで、

 もっとも注目すべき遺構は

 城壁の内側につけられた石の塔である。

 それは直径が10m、現存高が8m以上にも達している。

 入口は東側の高さ1.7mのところにあり、22段の階段が通じている。

 段はそれぞれ1枚の石の板でつくられている。

 城壁は何度も修復、再建されている。

 また、その外側には、幅8m、深さ2m以上ある堀が

 地山に掘り込まれていた。

 塔の役割については、まだ議論の対象になっている。

 ナハル・ヘマル

 発見されている先土器新石器時代B期の像と類似している。

 浮彫りには色が塗られていることもある。

 人物、動物、動物の頭、女性の乳房などが代表的な例である。

 浮彫りの人物像は7体あり、高さ1mくらいで、

 前をむいて両手両足を横に平たくのばしている。

 丁寧なものが1体ある示それにはオレンジ色、赤、黒の線が乱雑に塗られていた。

 人物像の顔、手、足はいずれも破損していた。

 これは、その部分がなにか再利用のきく

 貴重な物質で飾られていたせいかもしれないし、

 祠堂ごとに行われた儀式の一部として

 浮彫りが破壊されたせいなのかもしれない。

 これらの像は雄ウシの頭像の近くにとりつけられていることが多い。

 人物の像は出産している女神、

 雄ウシの頭は男性の神性を表現しているとみる人もいる。

 他には、雄シカの浮彫りが一つあり、

 3層つづけてヒョウのつがいの浮彫りがみつかった。

 それぞれつがいは頭をよせて胴を逆方向に向けていた。

 上塗りや塗色を幾度もくり返されているものもある。

 その場合、動物の胴にはそのつど、違う模様がつけられた。

 動物の頭を象った像はガンジ・ダレネムリクといった

 もっと古い遺跡からも発見されている。

 チャタル・ヒュユクでは、それらはいずれも土製で、

 本物の動物の頭骨や角を芯にしたものもあった。

 雄ウシがいちばん多いが、雄ヒツジや雄シカもみつかっている。

 頭像は3個か5個か7個の単位で

 壁や低いベンチにとりつけられていることもあったし、

 後の時代の角つき供物台と似た土柱に埋めこまれていることもあった。

 女性の乳房はふつうまとめて壁につけられていた。

 おもしろいことに、

 それらはイノシシの下顎骨やイタチ、キツネ、

 猛禽類の頭骨を芯にしてつくられることがしばしばあった。

 『チヤタル・フユク
 「チヤタル・フユク

 チャタル・フユク遺跡は

 1961年から1963年にかけて

 ジェームス・メラートが発掘し、

 華々しくかつ思いがけない成果をもたらした。

 彼は前7千年紀の街の一一部を広く掘リおこしたのだが、

 そこでは住居が異例なほどよく保存されていたのである。

 いくつかの住居を彼は祠堂と呼んでいる。

 それらは精巧な壁画と浮彫りで飾られ、

 壁やベンチには動物の頭骨が備えつけられていた。

 たとえば、

 土偶や壁につけられたヒョウ、乳房の模型には地母神、

 「出産の女神」がみてとれるとされ、

 一方、たくさんある雄ウシの頭骨、

 角には男性の神格が表現されているといわれている。

 宗教は当時の社会の原動力であった。

 チヤタル・フユクは、

 この時代に典型的とこれまで思われてさた

 単純な農耕村落とはずいぶん違っている。

 先史時代の遺跡としては、

 この遺跡に匹敵するものはいまだみつかっていない。

 ただ、最近の発掘によって、

 アイン・ガザル、アブ・フレイラ、ボクラスなど

 無土器新石器時代遺跡で、

 チャタル・フユクでみられる発展の祖型がみつかっている。

 「写真」出産中の肥った妊婦の土偶

     ネコのような動物に支えられており、

     「出産の女神」とされている。

     この土偶は

     チヤタル・フユクの最も新しい祠堂の一つから出土した。

     頭部は復元である。

 「図」第VIB層では家が密集し、近接する家屋は璧を共有していた。

    ほぼ半分の家が「祠堂」に分離されている。

    家々の間には廃屋のくずが固まってできた広場があり、

    ゴミ捨て場に使われていた。

    典型的な間取りは、ほぼ方形の居間と、

    そこから低い扉ないし壁にあけた穴でつながっている

    細長い貯蔵庫とでなるものであった。

 「図」第VIB層の集落の一部の復元図.

    建物は平搾で、屋根から出入りした。

    住居は集落の中心にむかって段状に並んでいた。

 「図」第VIA層の祠堂の復元図

    壁は材木を芯として日干しレンガでつくられた。

    北西部の基壇の下には男性が、

    別の壇の下には女性と子供が埋められていた。

 《埋葬習慣
 「埋葬習慣

 遺体は居間の床下に埋葬され、

 貯蔵室の床下や広場に埋葬されることはなかった。

 壇になったところの地下60Cmくらいの深さに、

 体は折り曲げて左側を下、

 頭を部屋の中央に向けて埋められるのがふつうであった。

 実際には,埋葬は2段階に分けて行われた。

 死後、いったん遺体をどこかにもっていき、

 その後で家の床下に埋められたのである。

 これは頭骨や他の骨に赭土土がついているものがあったり、

 人骨のなかには骨の組み合わせが

 まちがっているものがあることからわかる。

 壁画のなかにハゲワシが頭のない死体をついばんでいるものがあったが、

 これは死体の処理の仕方を示しているとみることができる。

 ある部屋では、頭骨が四つ、壇の上においてあった。

 ほかにも、タカラガイを目にはめこんだ女性の頭骨が発見されているが、

 これはもっと古いイェリコの装飾頭骨と似ている。

 埋葬時には副葬品をおさめないのがふつうだった。

 しかし、例外的には織物やもっと目をひく品物もみつかっている。

 男性の墓には武器、石製梶棒頭、骨製・木製の柄がついた剣、

 焼成粘土製スタンプ印象銅の指輪、S字形の骨製バックル

 (ナハル・ヘマルやギリシアで発見されているものと類似する)
 
 などが添えられた。

 女性の墓には装飾品、化粧用の石製パレット、

 まれにだが磨いた黒曜石製鏡などが副葬されていた。

 木製容器、篭、食べ物などは男性にも女性にも副葬されたが、

 土器や土偶は添えられなかった。

 人骨から判断すると、人々はまずまず健康的だったようだ。

 ただ、おそらくマラリアのせいで貧血症の者が多かった。

 また関節炎や骨折を患っている者もいた。

 平均寿命は男性が34歳,女性が30歳たった。

 身長は男性が170Cm(5フィート7インチ)、

 女性が158Cm(57イート2インチ)くらいだった。

 《チヤタル・フュクの遺物
 「チヤタル・フュクの遺物

 チャタル・フュク出土の土器はやや不格好で丸形か袋形のもので占められていた。

 木製容器には鉢、カップ、箱などがあって、

 モミなどの柔らかい木でつくられていた。

 打製石器はほとんどI黒曜石製で、

 材料はおそらく北東に約150km離れたアジゲルからもってこられたらしい。

 黒曜石は磨いてビーズや鏡をつくるのにも用いられた。

 道具や武器類の傑作には剣やナイフがあり、

 シリアからの輸入フリントでつくったものもある。

 第IX層よりも上層では、

 銅、鉛がビーズ、ペンダント、リングをつくるのに使われている。

 鉛は、銅と比べると自然に産出することはまれだから、

 そうした鉛はおそらく鉱石から精錬されたものと思われる。

 銅の鉱滓のかたまりもみつかっているから、

 銅も精錬されることはあったらしい。

 ただ、チャタル・ヒュク出土の銅製品の大半は、

 自然の銅を叩いてつくったもののようである。

 土偶、石偶のなかでは、肥った女性像がとくに目をひく、

 出産中の女性を表したものも一つあり、

 両側をネコに支えられているのか、

 あるいはネコ形の手すりのついた椅子にすわっているかのようにみえる。

 動物のものは、ほとんどが狩猟対象獣で、

 ヒョウ、ウシ、イノシシ、野生のヒツジ、ヤギなどがある。

 刺された痕のついているものもあるから、

 それらは狩猟儀礼に用いられたものとみられる。

 アイン・ガザル出土のウシ形土製品にも同じような痕跡が残っている。

 《植物と動物
 「植物と動物

 出土した骨からみると、おそらくチャタル・ヒユクの人々は

 食用肉の9割は家畜ウシからえていた。

 イヌもこの頃までには家畜となっていた。

 野生動物のなかには肉だけでなく、皮革目的で狩られたものもあった。

 たとえば

 ヒツジ、シカ、イノシシ、オナガー(野生ロバ)、クマ、あるいは大形のネコ科動物で、

 おそらくライオン、ヒョウなども狩りの対象となっていた。

 栽培植物には一粒コムギ、エンメルコムギ、裸性六条オオムギがあり、

 そしてたぶん六倍種パンコムギもあった。

 この時期の人々は、

 ほかに地域に固有の植物も採集していた出土したもののなかには

 潅漑のもとで生育する種も含まれているが、

 潅漑がどの程度行われていたのかについては議論は一致していない。

 全体に、

 人々の生活に関する科学的証拠は壁画に描かれている情景とは異なっている。

 生活における現実と観念的なものとが分離していることを示しているわけである。

 チャタル・フユクは前7千年紀終わり頃に

 人が住まなくなっている。

 アナトリア地方の次の文化は、

 精巧な彩文土器で特徴づけられ、

 ハジラルやシャン・ハサンIIなどの遺跡から
知られている.しかしながら,前5700年頃までにはこれら両
遺跡も無人になってしまった。

 シャン・ハサン遺跡では、

 火で焼失した生活面の瓦礫のなかから47歳の男性人骨が発見されている。

 この男性には銅製の腕輪と梶棒頭が一つずつともなっていた。

 梶棒頭には本の柄をつけるための穴がまんなかに開いていた。

 これは型を使って鋳造したものであり、

 この種の技術の利用例としては最古のものである.

 前6000年頃までには近東全域で、
 村落生活が確立していた。

 栽培植物、家畜動物のおもなものはすでによく知られていたし、

 それらは今日でもこの地域の主要な食料となっている。

 これ以後の発展は、

 狩猟採集から農耕牧畜への移行時におこったように

 新しい生業様式をみつけだすというものではなく、

 社会的な変化や技術的な洗練にみられる。

 そうした変化は漸新的かつ地域的なもので、

 その最初のものはメソポタミアでおこった。

 『My ブログ』
 スメル(シュメール) 八千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》

 《スメル(シュメール)文明
 「スメル(シュメール)文明

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状

2013年3月16日土曜日

古代史21世紀の研究課題:文明の伝播(古代メソポタミアの解明:無土器新石器時代)



 『出典』図説世界文化地理大百科:古代のメソポタミア・33~35頁
     マイケル・ローフ著・松谷敏雄監訳
     朝倉書店

 古代のメソポタミア:初期農耕牧畜民



 「写真」無土器新石器遺跡分布

 《無土器新石器時代
 「無土器新石器時代

 無土器新石器時代(レヴァント地方では先土器新石器時代B、C期に相当)は前8500年頃に始まる。

 この時期は集落の数も大きさも増加し、空間的にも分布が広がる。

 この時代の終わり、前7000年頃には、

 アブ・フレイライェリコ、ペイサムン、パスタなどの遺跡では

 それぞれ集落が10haくらいに達しておリ、1000人以上の人目を擁していた。

 社会組織にも進んだものが要求されていたものと思われる。

 しかしながら、無土器新石器時代の遺跡すべてがそんなに大きかったわけではない。

 1haにも満たない小さなものがたくさんあった。

 穀物栽培、家畜飼育を宮む定住村落は、

 アナトリアイラン高原でも営まれていたし、近東全域に広がっていた。

 人々はオオムギ、一粒コムギ、エンメルコムギを栽培しており、

 この時期が終わる頃までには、

 亜麻スペルタコムギクラブコムギパンコムギも栽培化していた。

 動物ではヤギ、ヒツジ、ブタが飼われており、

 後にはウシも飼われるようになった可能性がある。

 しかし、狩猟採集もなお経済の重要なー一部となっていた。

 集落のなかには,たとえばシナイヨルダン砂漠などのもののように、

 農耕が行われた形跡のまつたくないものもある。

 この時期の遺跡でも、初期のものや、短期的な狩猟野宮地では、円形住居がなお一般的だった。

 しかし、ペトラ近郊のペイダという小さな遺跡でみられるように、

 もっと複雑な長方形の住居へ移行していく傾向がある。

 ペイダでは古い層では円形の半地下式住居であっだのに対し、

 新しい尉からは長方形ないし多角形の建造物がみつかっている。

 大きさは5-7m☓6-9mで、

 床が茶色ないし赤色でぬられている長方形の部屋をもつ家もあった。

 上階の基礎,ないし地下室らしいものもみつかつてでいる。

 石、骨、貝でつくったビーズのつまった部屋、材料用の角が入った部屋、

 あるいは精肉場のような部屋もみつかつている。

 農耕牧畜村落ならたいてい、建物は長方形の部屋でつくられていたが、

 建て方はさまざまだつた。

 壁には石壁、泥壁、日干しレンガ壁があつたし、

 日干しレンカIには手づくねで泥の目地をくっつきやすくするために

 指で上面をへこmかせたものもあったし、

 枠でつくった長方形のレンガもあった。

 床は泥をぬったり、漆喰を厚く貼ってそれを磨き、

 赤や茶色にぬったものもあつた。

 橋桁のようなものをつけた部屋もあった。

 その目的は防湿ないし防寒・断熱と思われる。

 ヨルダン南部

 パスタ遺跡では床の下から石の板言おおった細長い溝がいくつかみつかった。

 類似した遺構はグリルプランと呼ばれ、

 床下に石や葦を敷いたものが

 トルコ南部のチャユヌ、東イラクのジャルモ遺跡で発見されている。

 チャユメでは小石を敷きつめて一種のモザイク床にしたものもみつかっている。

 チャユヌの新しい層では,基礎部に壁を交差させてつくった

 橋桁状の構築物をもつ部屋(セルブランと呼ばれる)や、

 集団内の儀礼活動を行ったらしい大形の部屋も発見されている。

 ユーフラテス川畔、ハブール川との合流点近くに位置する

 ボクラスは無土器新石器時代末から営まれた村落遺跡である。

 建物は発掘もなされているが、

 地表直下のものは雨が異常に多く降ったある冬の後、地面に現れできた。

 家は長方形をしており、5m☓7mくらいがふつうだった。

 細長いものや小さいものも含めて、一軒あたり九つの部屋をもっていた。

 家々は互いにくっつきあっていて、同じ方向を向いて並んでいた。

 家と家の間には細い小道がついていた。

 テル・マグザリーヤ遺跡も無土器新石器時代後半から住まれた遺跡だが、

 規模は小さく、おそらく1haにも満たない。

 高さ2mくらいの石壁で囲まれており、現在もなお残っている。

 小川の土の丘に位置していることからみると、

 この遺跡では(イェリコと違つて)洪水を防ぐ必要はないから、

 石壁は外敵に対する防御施設だった可能性もある。

 しかし,この時期、戦争があったという証拠はほとんどない。

 《埋葬と儀礼
 「埋葬と儀礼

 無土器新石器代の死者の送り方は地域によって異なっていた。

 頭のない人骨(下顎かついていることもしばしばある)が床下に埋められ、

 頭部はまとめて別のところに埋葬されることがよくあった。

 こうした頭部の別葬は原新石器時代にも行われてい尤ものである。

 無土器新石器時代には、この方式が

 パレスティナ、レウアミント地方の多くの遺跡で一般的なものとなり、

 遠くアナトリア高原のハジラル、ティグリス川水源近くのチヤユヌでも行われていた。

 頭骨に飾り力づいていることもあった。

 鋭い刃物で削った例や、赤色緒土や天然アスファルトを塗ったものもあった。

 また、数は少ないが、目のところに貝を埋めこんで漆喰で顔をつくることもあった。

 そうや⊃て念入りに装飾された頭骨が

 イェリコ、テル・ラマド、ペイサムン、アイン・ガザルで出土している。

 この種の儀礼は一種の祖先信仰を衣していると考えられている。

 祖先が死後も残されたものに対して強い影響を及ばすため、

 祈りや犠牲を捧げることによって鎮めねばならないと

 信じられていたのだとされている。

 チャユヌではこうした儀礼に関係した建物が三つ同定されている。

 一つは犠牲用に使われたらしく、もう一つからは、

 多くの人間の頭骨がいくつかの雄ウシの頭骨とともにみつかっている。

 動物の頭骨はザグロスのガンジ・ダレ

 北イラクのネムリク遺跡からも発見されており、

 それらは建物の壁に備え付けられていた。

 同様の行為は原新石器時代のムレイビト遺跡

 時代は下るがチャタル・フユクの神殿でも行われていたらしい。

 さらにイラン山岳部では、現在もつづけられている。

 ヨルダしのアイン・ガザルで土坑が発掘されたところ、

 なかから男女の大きな人形が出土した。

 それらは葦を芯にして粘土でつくったものであった。

 宗教的儀礼に使われたものらしく、

 同様のものはイェリコや、死海の南西、ヨルダン砂漠にある

 ナハル・ヘマル洞窟からも出土している。

 ナハル・ヘマル洞窟からは人面をかたどった石製マスク、木材と粘土でつくった人の頭、

 さらに天然アスファルトで編み目状の飾りをつけた人の頭骨も出土している。

 編み目は髪をあんだ状態を表レているのだろう。

 これらの品物は、おそらく土着の宗教と関係したものと思われる。

 具象的な芸術作品はナトゥーフ期以降にみつかるが、

 無土器新石器時代にはいうそう一般的になった。

 ネムリク遺跡からは鳥、動物、人間をかたどった石製彫刻が15点みつかっている。

 土偶もよくみられ、とくに女性を表現したものが多い。
 
 ボクラスでは鳥が並んでいるさまを描いた壁面が残っていた。

 《交易網
 「交易網

 交易,少なくとも物の搬入は新石器時代よりはるか前から行われていた。

 前1万5000年頃の遺跡であるワディ・ハサでは、

 紅海や地中海から100km以上も運ばれてきた貝類が出土している。

 長距離交易は無土器新石器時代にはさらにはっきりしてくる。

 それは,黒曜石という火山ガラスを刃物用に使用し始めたことからわかる。

 黒曜石は伝統的なチャートやフリントとともに、道具づくりに使われた。

 科学分析によって黒曜石の産地が同定され、広範な交易網か明らかにされてきている。

 古代近東で使われた黒曜石のほとんどは、トルコ東部ないし中部から運ばれたものだった。

 無土器新石器時代には、産地から800km以上も離れた遺跡でも使われるようになった。

 ただ、黒曜石が専門の商人によって運ばれたものなのか、

 村から村へ伝えられたものなのか、

 あるいは大きなセンターから隊商力i派遣されていたのかは、

 今の段階ではわからない。

 貝類、準貴石、銅、天然アスファルトなども産地から離れた遺跡で発見されている。

 他の品物、たとえば塩、織物、皮革、その他の植物製品、

 動物製品なども交易されていた可能性があるが、証拠は残っていない。

 《技術の発達
 「技術の発達

 1983年にナハル・ヘマル洞窟が発掘されるまで、

 この時期の篭類、織物、木製品に関する証拠は乏しかった。

 葦の敷物や織物の痕がついた天然アスファルト・粘土、発掘とともに

 失われてしまう土についた圧痕などがそのすべてであった。

 ナハル・ヘマルに残っていた遺物のなかには、

 木製の鎌の柄、イグサか草の束を糸でつないでつくった分厚い敷物、

 より糸で編んで天然アスファルトを貼った篭があり、

 さらに細糸から大き10mmに至るローブなど

 さまざまなひも類が粉々になって出土している。

 天然アスファルトを貼った篭や容器は他の遺跡からもみつかっている。

 石を彫ってつくった容器はよくみつかり、

 石彫の腕輪も無土器新石器時代の遺跡ではよく知られている。

 他の容器としては石灰と灰をまぜてつくった白色容器があり、

 レヴァアント地方の一部では盛んにつくられていた。

 ジャルモ遺跡だけでも2000点以上出土している。

 メソポタミア地方では、容器はむしろ石膏でつくられる方が多か⊃た。

 粘土が容器に使われることもあったが、ふつう土偶用たった。

 ガンジ・ダレでは粘土製容器が火事でこわされた生活面から

 完全な状態で出土している。

 その容器はおそらく生粘土でつくられたものだったが、

 村が燃えたとさに一緒に焼けたのだろう。

 無土器新石器時代には白色容器や住居の床面に石灰が用いられていたわけだが、

 石灰をつくるにはかなりの技量が要求された。

 多大な労働力、燃料はもちろん、高温で焼ける窯も必要だった。

 石灰をつくるにはまず、石灰岩(CaCO3)をつぶし、

 850°Cの温度で数日焼く、

 ついで、それをゆっくり冷やして生石灰(CaO)とする。

 その後、水をまぜると消石灰(Ca(OH)2)ができ、

 それが二酸化炭素にふれると固まるわけである。

 その製作は大規模なものだった。

 たとえば、チヤユヌでは一つの建物をつくるのに

 1.6トンもの石灰が使われている。

 テャユメはエルガニ・メイドンの大きな銅鉱石採掘場から

 20kmほどしか離れていないところにある。

 この遺跡からは、考古学的に古い文化層から

 銅製のビーズ、留め針、道具類が100点以上も出土している。

 しかし、その他の無土器新石器時代遺跡では銅製品は二、三知られているにすぎない。

 たとえばマグザリーヤでは錐が1点(1,000km以上も離れた中央イラン産のものといわれている)、

 レヴァント地方のラマド、

 イラン南西部のアリ・コシユからはビーズが出土している。

 こうした品物は自然にえられる金属銅でつくられたもので、

 銅鉱石を精錬したものではないと考えられている。

 金属の萌芽的利用、共同作業、職人の専門化、長距離交易、

 さらに増大しつつあった宗教の重要性、こういったものはすべて、

 無土器新石器時代の集団が文明に向かって

 大きな一歩を踏みだしていたことを示している。

 『My ブログ』
 スメル(シュメール) 八千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》

 《スメル(シュメール)文明
 「スメル(シュメール)文明

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状